10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回 2月7日 わいわいクローバーの会

 2月7日、わいわいクローバーの会の定例会が行われました。スペシャル企画を入れると今回で19回目となります。1月はお休みでしたから、2ヶ月ぶりとなった定例会は寒い日で、翌日は大雪になるという予報が出ていました。風邪も流行っていましたから皆さん来てくださるだろうかと心配しましたが、はじめて参加した2人を含め6人の方が参加してくださり、医療スタッフと合わせて11人という会になりました。
 

 いつものように自己紹介から始まりました。手術後、十年以上経ってからリンパ管炎、リンパ浮腫になって困っているという方が「どなたか同じようなことで悩んでいる方はいらっしゃらないかと思い」参加したと話されました。するとリンパ浮腫で悩んだことのある方が「医療的なアドバイスはできませんが」と前置きして「リンパマッサージをしたり、足に傷をつけないように」気をつけていると答えていました。症状が出て治療中の方は主治医の先生とよく相談することが大事だと参加した医師からアドバイスがありました。


 また、「抗がん剤の苦しさを誰かに聞いてほしかった」と言われた方には、体験者が口々に「私もそうでしたよ」と食事のこと、脱毛のこと、気持ちが落ち込んで人に会いたくなかった体験など・・・。みんなで深くうなずきながら聞きました。 

 一段落したところで、参加した方が差し入れてくれたカステラでティータイムとなりました。お茶をいただき、気持ちも和んだところで、院内患者会ならではの話がありました。「最近、待合室が混んでいますよね」「そうそう、立っている方もいたりして」「椅子の数が足りないんじゃない」「そうですよね。それから、待合室の呼び出しのモニターが見えにくありませんか」「そうですね。位置を考慮してもらえると良いのに」とか、患者ならではの目線での発言が続きました。医療スタッフが「なるほど」と熱心に聞いていました。
 

 また、子宮頸がんがヒトパピローマウィルスから感染することが多いという話に偏見を持っている人がいて困るという話しがありました。さらに子どもが「がん」に興味を持って聞いたとき、どのように話すか戸惑うことがあるという話しがでました。怖い病気のようにとらえていたりすることもあるので、学校でわかりやすく教えてもらえると良いのにという話しもありました。これらの問題は、まず正確な情報が何かということを知ることが大事だと思います。今後の課題にして患者会で話し合うことができれば意義のあるものになるのではないかと思いました。
 

 患者会は治療の不安や苦しさ、疑問などを何でも、思いっきり話せる「場」です。家族や友人以外の人にはなかなか言えないことでも、同じ患者のお仲間「ピアサポーター」として話しを聞き合えるところです。
 
 写真は抗がん剤治療を経験した方が、お家で使える帽子を手作りして送ってくださったものです。冬用には暖かい毛糸を,夏用には通気性の良い夏用糸を使っています。がんという病気に出会ってしまい、辛いことだらけと思われるかも知れませんが、仲間たちが応援していることを知ってもらいたいですね。
 
 一人の方が、「このような会が病院内にあることを知らなかった、知っていたらもっと早く来たかった」と言ってくださいました。幹事一同、会をやっていてよかったと思い、同時に会の存在をもっと大勢の方に知っていただけるように努力しなくてはと思いました。


 次回、3月7日のまた多くの方にお会いできるのを楽しみにしています。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

クローバー

Author:クローバー
横浜市立大学附属病院産婦人科に通院する悪性腫瘍患者さんのための会のブログです。 月に一度集まってお茶を飲みながらおしゃべりしています。
会は、当院の患者さんのみの参加ですが、がん患者としてのさまざまな思いを公開することで、がんへの理解が深まることを願っています。

 
 
 

最新トラックバック

 
 

カテゴリ

 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。